• SkyPDF
  • SkyAgent
  • SkyPAS
  • 会社情報
  • 採用情報

SKYCOM 20th Anniversary

課題から探す

【課題】PDFに閲覧回数や有効期限を設定したい(セキュリティ強化/コンプライアンス強化)

【対策】設定した閲覧回数や有効期限を超えるとPDFファイルは自動消去されるため、情報流出リスクを低減します。

  • 販売終了製品

SkyPDF Web Server  2012

SkyPDF Web Server 2012

クラウド型ビジネス、Webサービスに最適な高速PDF生成処理ソフトウェア

※本製品は、販売終了製品です。
後継製品は「SkyPDF Web Server 7」になります。


社員数の多い大企業・官公庁や不特定多数のユーザーを対象とするクラウド型ビジネス、Webサービスに最適な高速PDF生成・加工処理ソフトウェア。Office文書などをPDFへ変換するWebインタフェースや、SOAPインターフェース(SOAP I/F)提供によるアプリケーション連携ほか、さまざまな付加価値技術を有するオールインワンパッケージ製品です。シームレスなシステム連携が行え、高速マルチタスク処理を施した「SkyPDF Web Server 2012」は、PDF生成のパフォーマンスを無駄なく発揮します。

  • 販売終了製品

Plugin TimerPDF(タイマーPDF)

Plugin TimerPDF(タイマーPDF)

PDFファイルに、閲覧有効「回数」と「期限」を設定

※本製品の全ての機能をSkyPDF Professional 2016へ移植しました。
ご要望の方は「SkyPDF Professional 2016」までお問い合わせください。


電子化されたデータは容易に複製でき、流出してしまうとその回収は困難を極めます。
本製品は、時限セキュリティ機能を使ってPDFファイル自体に「閲覧回数」と「閲覧有効期限」を付与設定でき、機密性を確保して電子文書(PDF)の独り歩きを抑止します。
設定した制限を超えると、時限セキュリティが付与されたPDFファイルを「開く」または「閉じる」際にPDFファイルがPC上から自動的に消去され、キャッシュやゴミ箱にもその形跡を残しません。

製品・ソリューションの検索

製品シリーズから探す

  • skypdf
  • skyagent
  • skypas

製品カテゴリから探す

  • 課題から探す
  • キーワード

サービスの導入

03-5807-6011

お問い合わせ・ご意見はこちら

お問い合わせフォームでも承っております。